歯を磨いて、歯ぐきのカンジダ菌 薬歯の歯の歯の予防をこする

2016-03-31

ごじゅう歳の劉おじさん最近歯莖がひどく痛い、歯切れ饅頭も付いて血.病院に行って検査をして、発見は歯の歯病です.彼はとても奇怪で、自分一日三度と食後に歯を磨いて、どうしてまた歯歯病になって?

歯週病というのは、が歯週組織の疾病を含め、歯肉炎、慢性歯週炎、侵襲性壊死性歯週炎、歯週病など.世界保健組織によると、35~44歳の人に、15~20 %が深刻な歯歯病にかかっているという報告もある.歯ぐきと歯莖は庶民」、歯が長くこのベッドに.口腔内細菌、歯ぐきで繁殖し、形成菌斑.口腔衛生に注意しない場合は、歯磨きが徹底的に、このベッドは快適になり、歯に換装、歯痛、出血等の症状を引き起こします.

歯科疾患は全身の健康に影響を与える可能性.脳血管病と脳血管病の確率は、脳血管病の確率が高いという.歯週病患者の口腔内が大量に存在する細菌は、血液感染心臓組織を引き起こし、心臓血管の病気の可能性もあり、免疫細胞が活性化、細胞因子、破壊膵島細胞による型糖尿病.

統計によると、わが国の大都市の歯磨き率は99 %を超えているが、効果的な歯磨きの不足は1 %にも達します.ここで私はみんなに正しい歯磨き法——バースで歯を磨いて、またレベルで震えます.それが効果的にクリーン歯と歯ぐき接続部分の歯肉溝は、口内に汚職、細菌の繁殖のありかを、同時に一定のマッサージ歯ぐきの役割.具体的なブラシ法(左図):歯ブラシ毛と歯は約45度の角度でになると、2粒の歯の範囲はそっとぐらい振戦ご~じゅう度、振動の範囲を超えない歯の幅、そしてブラシで歯が下にスクロールを2回、ブラシの下に2度歯にスクロール.順次こすり終わって口にすべての歯の外、内面や奥歯の咀嚼面.

で注意したいのは、歯ブラシは必ず選択小さなブラシ、軟毛の、歯ぐきの損傷や歯の摩耗が小さい.屋台一枚のティッシュで普通、歯ブラシをティッシュで、もし紙破れて、ブラシを表明し毛太硬 シアリス購入方法.

保護歯ぐきは試みることができますマッサージ法:うがい後、右手人さし指を置いて歯莖が相応の顔面の皮膚の上で、一定の顺に軽くマッサージすることで、小さな丸い回転マッサージに利益があって、局部の血液循環を改善.歯ぐきをマッサージする時、力を入れて適当に、歯ぐきは歯ぐきに圧迫性損傷をもたらします.

注意しなければならないのは、たくさんの全身疾患、例えば血係疾患、栄養が不足なども現れて歯莖の出血性病変、いくつかのシステムなどの肝硬変、尿毒症の末期の表現もあり、歯莖の出血.そのため、莖が頻繁に出血、持続的に、歯ぐき蒼白、重視、病院で原因を究明することができ、病院には原因.

Copyright© 2012-2013 栄養ドリンクは肉体疲労時の栄養補給ドリンクです。 All Rights Reserved.