カンジダ菌治療は必ずしなければならないのでしょうか?

性器カンジダ症は日和見感染のひとつであるため、症状が軽度であれば自然治癒することも多いですが、中には自然に治らないケースもあります。この場合、治療は必ずしなければならないのでしょうか?ドクター監修のもと、自然治癒しないケースと、その対処法について解説します。
性器カンジダ症は女性の4分の3が経験する疾患

性器カンジダ症は、性器内で「カンジダ菌」が異常に増殖することで起こる病気です。男性よりも女性の発症が圧倒的に多く、ある調査によると、膣内にカンジダ菌をもっている女性は妊娠していない人で約15%、妊婦で約30%との結果もあります。生涯において75%の女性が一度は経験し、45%の女性が2回以上発症しているとのデータもあります。そもそも、カンジダ菌は皮膚や消化管などに存在する常在菌であることから、性器カンジダ症は発症しやすい疾患なのです。

ただし、例外を除いて、単にカンジダ菌が膣内にあるだけでは性器カンジダ症とは診断されず、治療も必要ありません。免疫力が下がるなど、なにかしらのきっかけで発症した場合のみ、治療が必要となります。
性器カンジダ症は自然治癒する場合もある

性器カンジダ症は免疫力が低下しているときに発症しやすいため、免疫力が高まると自然に治ることもあります。日和見感染(健康な人には感染症を起こさない微生物が原因菌となる感染症)のひとつでもあることから、軽度であれば自然治癒することがほとんどです。ただし、おりものの異常、強い痛みやかゆみ、排尿障害がある場合は重症の可能性があるので、病院での検査をおすすめします。

症状が軽度で、自然治癒による改善を目指す場合は、免疫力を高める生活を送ることが一番です。栄養バランスのよい食事、十分な時間と質のよい睡眠、適度な運動など、できるだけ健康を維持できる生活習慣を整えましょう。菌の繁殖を防ぐために、通気性のよい下着をつけるなどの工夫も大切です。

Copyright© 2012-2013 栄養ドリンクは肉体疲労時の栄養補給ドリンクです。 All Rights Reserved.