なぜカンジタ症に感染?カンジタ症の原因解明

現代社会では心身の健康状態の悪化や乱れた生活習慣が原因で免疫力が低下し、それがきっかけでカンジダ菌が増殖して症状が現われるケースが増えているといいます。このように自身の体内にもともと存在している細菌が症状をもたらすケースを自家感染と言います。そのため、この感染症は感染経路と発症原因についてしっかりと把握しておく必要があります。

女性特有の病気だと勘違いされてる人がいますが、カンジタ症の原因となるカンジタ菌は男女関係なく誰の体にも常在している菌であり、口の中や消化器官、皮膚、膣や肛門などといった広範囲に渡って存在しており、健康な状態であれば何ら害のない菌です。

カンジタ症は主に性交渉で感染しますが、体の抵抗力が落ちた時や、歯の治療などで抗生物質を飲んだ時などにも症状が出る場合があります。もともと体内にある菌(皮膚、口腔内、直腸などの常在菌)が原因で症状が出る「自己感染」もあります。また、出産時の「産道感染」もあります。カンジダ菌は口腔内に存在するとも言われています。免疫力の低下などにより、幼児でも口腔カンジダ症やカンジダ性口内炎を起こすことがあります。

女性の膣カンジタ症の場合だと、おりものがヨーグルト状やポソポソになったり、外陰部に痒みや赤みなどが出て、悪化すると痛みを伴うようになります。症状が軽いうちならば、カンジタ症の原因となる免疫力の低下や抵抗力の低下を解消するために、体をゆっくりと休めてあげたり、リラックスできる環境作りをしてストレスを遠ざけたりすることで、自然と治ってしまうこともあります

Copyright© 2012-2013 栄養ドリンクは肉体疲労時の栄養補給ドリンクです。 All Rights Reserved.